高齢者や障害者の介護や支援にヘルパー、看護師、薬剤師を派遣してもらう

今や高齢の方々が増えていくと言われている時代です。物価も上がり、年金では生きていけない時代とも言われています。施設はお金が毎月高いし、両親や障害のある子どものためとはいえ、離れたくないし。どうすればいいか??方法はあります。徐々にですが、国が施設を作るにあたっては時間がかかると言います。それなら、と在宅による介護や支援ができないかと、色々な許認可を緩和しています。むずかしい話はさておき。どんな方法をとればいいのでしょうかか?

答えは簡単です。ヘルパーを派遣してもらうのです。ただ、出前ではありませんから電話してもすぐには来ません。安く済ませるには、ちょっと時間がかかります。タレントさんなんかは、お金がザクザクあるから自費で雇えますが一般の方は無理ですね。ちなみに、自費だと10万円はかかります。

まず最初に、市役所の高齢福祉課に認定調査の依頼をしていただき日程を決めるか、最初に高齢者の場合は介護支援専門員を決めてから認定調査を行うか。障害者の方も同じで、市役所に相談する方がいいかもしれません。高齢者の場合は、認知症や寝たきりの場合など医療機関より認定調査の依頼が役所へ行くそうです。介護保険が適用され、ヘルパーとの契約が可能になります。

さて、ヘルパーを依頼する場合それなりの重篤な症状でなければならいと思われるかもしれませんが、介護支援専門員との相談により決定をした方がいいですね。もし介護支援専門員さんが介護保険について勉強されている方なら色々な方法であなたの悩みを解決してくれます。中には、営利目的の方が強く、何を聞いてもダメダメで、わからない、知らない。勝手に医師でもないのに高齢者=認知症と決めつける方がいます。これでは何のための相談なのかがわかりません。

高齢者の場合はヘルパーは料金が安いです。看護師などが対応すれば、時間関係なく1回1万円と考えてください。看護師の訪問は、やたらにできないことが多いいです。障害者の方や医療措置が必要なら看護師を派遣してもらえば良いと思います。ちなみに薬剤師さんなども訪問医療に力をいれいてるクリニックなどでは自宅に来てくれたりするそうですよ。友人の奥さんが派遣薬剤師として働いていて、教えてもらいました。<<薬剤師 派遣 短期>>

さて、色々とお話ししましたがこれからの時代。どんな方法が必要なのか?色々な情報を持っている方が賢いですよ。